E-1貿易業者ビザ、E-2投資家ビザ

E-1貿易業者ビザ、E-2投資家ビザは、アメリカ合衆国と母国間で通商航海友好条約がある特定の国の国民が取得できるビザで、日本国籍を持つ人も該当します。これらのビザは大きな国際企業だけではなく自営業も対象となります。

初めに発行されるビザの有効期限は通常2年ですが、滞在延長に関しては上限がありませんので、長期間にわたって米国滞在が必要となるビジネスオーナーとその従業者にとっては、非常に有効なビザです。

E-1貿易業者ビザ

E-1貿易業者ビザの申請条件は以下の通りです。

  • ビザスポンサーとなる企業が、条約締結国の企業に大半を所有されているか、オーナーの過半数が条約締結国の国民であること
  • ビザスポンサーとなる企業が、アメリカ-母国間において相当量の貿易取引きを行っていること
  • ビザ受給予定者がアメリカ合衆国との条約締結国の国籍を有していること
  • ビザ受給予定者が重役、管理職もしくは必要不可欠な能力を必要とする役職に従事すること

E-2投資家ビザ

E-2投資家ビザの申請条件は以下の通りです。

  • 条約締結国の国民であること
  • アメリカ合衆国にある企業に相当量の資本を投資したか、投資プロセス中であること
  • 投資企業の拡張、指揮のために米国入国・滞在が必要な場合。この場合、企業の少なくとも50%以上を所有しているか、重役や管理職・監督者として経営権を有していること。

関連用語

相当量の貿易取引き

相当量の貿易取引きとは、米国と条約締結国の間で保険をかけるに値する十分な量の継続的な国際取引きを意味します。取引き量について最低ドル額の制限はなく、取引きは商品またはサービスを含みます。

相当量の投資

相当量の投資とは、事業を拡張して管理するために十分な投資を指し、最低ドル額の設定はありません。適正な資金額は、企業を購入するか立ち上げする際の総経費、通常投資家が企業への財政的関与を保証する場合に十分だと考えられる金額、投資家が企業の拡張を指揮するために見込まれる投資規模を元に判断されます。

重役、管理職・監督者

重役、管理職・監督者は、企業の業務そのものや企業の主要構成要素について従業員に最終的な支配と責任を与える任務を果たす役職を指します。

必要不可欠な能力

「必要不可欠な能力」とは、事業の成功や効率的な業務遂行のために個人が与えられた役職のもと、企業に寄与する能力のことを指します。

Eビザの資格保有国

現在Eビザの資格を保有している国については、以下リンクからご確認いただけます。

http://travel.state.gov/content/visas/english/fees/treaty.html