移民投資家

米国企業に対し少なくとも100万ドルの資本を投資し、その投資が少なくとも10人のフルタイムの仕事を創出する場合、外国人は移民投資家として永住権の申請資格を得ることができます。投資先の企業が失業率が国家平均失業率の1.5倍の地方に位置する場合は、投資額がわずか50万ドルでも同じ資格が得られます。投資は現金、または器材や在庫といった有形固定資産の組み合わせでも良く、米国企業の資産ではなく投資家によって借入がされた場合は債務も条件を満たす場合があります。上記の必要条件が永住権獲得後の2年間の間も満たされると移民局に判断される場合、10年の永住権に変更可能な2年の有効期限付き永住権が取得できます。