L-1A / L-1B 企業内転勤者ビザ

L-1Aビザは、ビザ申請直前までの3年以内に米国外の会社にて最低1年以上管理職または役員(重役)として勤務した社員が対象で、米国にある支店、関連会社または親会社に一般的な社員としてではなく役員または管理職として転勤する場合に適用されるビザです。

L-1Bビザは、ビザ申請直前までの3年以内にアメリカ国外の会社にて最低1年以上「専門知識」を必要とする役職を務めた社員に適用され、米国にある支店、関連会社または親会社に専門職として転勤する場合に申請できるビザです。

いずれも一般的には「駐在員ビザ」として知られています。

申請資格

L-1ビザ申請のためには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • L-1ビザ受給予定者はビザ申請直前までの3年以内にアメリカ国外の会社にて最低1年以上管理職または役員、専門職として勤務した経歴
  • 米国外にある会社が米国雇用主の系列会社であること
  • L-1ビザの期間中、米国雇用主は米国内で営業を継続し、尚且つ海外で取引する系列会社があること

役員(重役)の資格とは

役員(重役)の資格は組織内で果たす任務によって定義されます。主な任務には以下が含まれます。

  • 組織運営、組織の主要構成要素や機能の指揮
  • 組織、組織の構成要素または機能のゴールと方針確立
  • 広い範囲に渡る任意の意思決定権
  • 概括的な方針や指揮を経営陣や取締役会または株主から受ける

管理職の資格とは

管理職の資格とは、組織内で果たす任務を意味します。主な任務に以下が含まれます。

  • 組織、部門、支部、機能または組織の構成要素の管理
  • 他の管理職や社員、組織や部門、支部内の重要な機能の監督指揮
  • 他の人員を部下に持つ場合、雇用や解雇またはそれを勧める権限、他の人員アクション(例えば昇進と休暇認可)に関しても同様の権限を持つこと。部下がいない場合は、組織階層でシニアレベルとして機能すること。
  • 日々の業務、機能に関して指揮を執ること。

専門知識とは

L-1ビザ申請における「専門知識」とは、国際的な市場における自社製品やその応用に関する高度の知識、もしくは会社のプロセスと手順についての高度の知識を意味します。

滞在期間

L-1ビザの有効期間は3年間です。役員・管理職(L-1Aビザ)は最長の滞在期間が7年になるまで2年ずつの延長手続きができます。専門職(L-1Bビザ)の延長は追加で2年までとなり、合計の最大の滞在期間は5年となっています。

新しい系列会社の立ち上げ

新しい系列会社の立ち上げのために社員を米国に派遣する場合もL-1ビザの申請ができ、この場合は有効期限が1年となります。この1年の有効期限が切れる際に、新しい米国系列会社の存立が可能であると立証できる場合には、滞在期限の延長が可能です。

ブランケットL-1ビザ

企業内転勤となる多数の駐在員のためのビザが必要な多国籍企業は、組織内での幹部の動きを容易にするために「L-1ブランケットビザ」の申請をすることができます。許可されると、このブランケットビザは3年間有効なので、交替社員個々のために移民局にLビザの申請をする必要がなく、米国大使館・領事館にて直接ビザスタンプの申請ができます。「ブランケットL-1ビザ」申請規定は比較的大規模で複数の業種を扱い、多くの関連事業を持つ既存の会社に限り適用されます。

ブランケットビザ申請要件

多国籍企業がブランケットビザを申請するためには、以下要件を満たす必要があります。

  • ブランケットビザを申請する企業が商業活動を行っていること
  • ブランケットビザを申請する企業が少なくとも1年以上は業務を行っていること
  • ブランケットビザを申請する企業が、米国内もしくは外国に最低3つ以上の関連会社をもっていること
  • 以下のうち少なくともひとつに該当すること。
    • アメリカにおけるグループ合計年商が$25ミリオン以上である
    • 米国内の社員数が1000人以上である
    • 過去1年間で10名以上のL1申請が認められた企業である

L-2同行家族ビザ

有効なL-1ビザの保有者の配偶者および未婚の子ども(21歳未満)は、L-2ビザの発給を受けることができます。L-2同行家族ビザはL-1ビザと同じ有効期限となります。L-2ビザ保有者は、米国内での就労と就学が許可されます。就労を希望する場合は、米国に入国後に別途手続きが必要になります。

L-1Aビザからの永住権/グリーンカード取得

一般的にL-1Aビザの保有者は、雇用主からのフルタイムの無期限の雇用オファーがあれば永住権/グリーンカードの申請ができます。